顔のかたちに合ったメガネを選ぼう

自分の顔のかたちに合ったメガネを選ぶことは、メガネを選ぶうえで重要なポイントの一つです。メガネには、さまざまな種類のものがあります。スクエア、オーバル、ハーフリム、リムレス、ラウンド、ウェリントンなど、フレームの形状は、それぞれ異なる特徴があります。そのため、メガネをかけることで、顔の印象は大きく変わるので、相手に与える印象も異なります。選ぶメガネによって、優しい雰囲気を出すこともできれば、キリッとした雰囲気を出すこともできます。まずは、自分の顔のかたちに合ったメガネを選ぶことが大切です。

顔のかたちにも、丸顔、面長顔、三角顔、四角顔があります。丸顔であれば、直線ラインのフレームを選ぶことで、顔とメガネのバランスがよくなります。面長顔であれば、横幅に厚みのあるものをフレームを選ぶといいでしょう。三角顔や四角顔であれば、丸みのあるフレームにすると、顔とのバランスがよくなります。

用途に合わせてメガネの色を選ぼう

用途に合わせてメガネの色を選ぶことも、メガネ選びで大切なポイントとなります。仕事であれば、派手な色よりも落ち着いた色のフレームを選ぶほうが相手に与える印象が良くなります。プライベートであれば、メガネをオシャレアイテムとして使用することができるので、あえて派手な色を選んでもよいでしょう。また、最近では、一つのメガネの中にもさまざまは色や模様の入っているものもあります。用途は好みに合わせて自分のスタイルに合ったメガネを選ぶことが大切です。

パソコンのモニタからはブルーライトという光が出ていて、それが眼精疲労の一因となっています。パソコン仕事が長い人は、ブルーライトカットメガネを装着すれば、目が疲れにくいです。